*

 

ニアウリについて

 

ニアウリは、天国に一番近い島と言われるニューカレドニアに自生する、とても大きな植物です。ニューカレドニアでは伝染病などがほとんど発生しないのは、この植物が多く自生しているために殺菌作用や浄化作用があるおかげと言われています。5月から6月にかけて、黄色の花を咲かせ、現地では非常に有名な植物です。
アロマオイルにおける効能は、風邪やぜんそくなどの呼吸器系によく効きます。白血球の抗体を活性化してくれるので、感染症の症状を緩和してくれます。風邪の引き始めなどに、このアロマを使用すると良いでしょう。さらに、痛みを抑える効果もあり、神経痛、リウマチ、肩こり、筋肉痛にも有効です。現地では万能薬として利用され、傷口や、にきび、やけどなどにも効果があります。
匂いの特徴は、すっきりとした爽やかな香りです。そのため、頭をクリアにし、集中力を高めてくれる作用があります。心に刺激を与えてくれて、元気にしてくれます。
また、主要成分は、シネオール、テルピネオール、リモネン、シトレン、ピネンなどです。

 

 

他にも、フランスではゴメノールと呼ばれていました。これは、フランス領であった東インドのゴメンという地名から取られており、ここから海上輸送されていたためです。また、フランスの病院では一般的に使われていたエッセンシャルオイルで、主にマウススプレーや歯磨きの原料として使われていました。

 

歴史について

 

 

ニアウリは元々はフランス領であったニューカレドニアが原産で、オーストラリアに広く自生しています。

 

ティートゥリーやユーカリほどその知名度は高くありませんが、カユプテの近縁種です。その木は非常に大きく成長し、5、6月には黄色い花を咲かせます。
現地でマラリアなどの感染症や伝染病がないのは、ニアウリが天然の殺菌消毒剤の役割を果たしているからと言われています。
ニアウリは現地では古くから風邪の咳や伝染病など呼吸器系の症状をはじめ、切り傷などの外傷などにも用いられる、万能薬として重宝されてきました。
中東ではその様々な効果に注目し、食用として使用したり、フランスでは、古くからニアウリの強力な殺菌消毒作用に注目し、病院などで利用されていました。また、咳、リウマチ、神経痛の治療を行う際、カユプテ油やユーカリ油の変わりとして、ニアウリ油が利用されたりしていました。

 

今でもその殺菌消毒作用と香りから、歯磨き粉やマウススプレーなどに利用されています。
ニアウリはティートゥリーと比べて刺激がややありますが、その値段の安さと、軽い甘さをもつ清潔感のあるクリアな香りから、欧米などではアロマテラピーでの使用に人気を得ています。